TEL:052-222-0287 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-8-39 HP丸の内ビル4F

丹田

 「臍下丹田に力を込めて」と昔から言われておりますが、丹田とはどこなのでしょう。

 「ヘソ下3寸」とも言いまして、ヘソの下約9㎝の部位となります。
 一般に丹田は、ヘソの下5㎝の体表かた5㎝中に入ったところとされています。
この部位には臓器はありません。小腸下部があるだけです。ここに力を入れたり、鍛えることが出来るのでしょうか?
意識することは出来ますけどね。

 丹田は「気の中枢」とされてますけど、先月こんな記述を見つけました。
 エドガー・ケイシー口述、岩田秀訳の「神の探求」1巻、16ページの”内分分泌腺との関係”という項です。

 その4行目から抜粋すると
「わたしたちが≪無限なる神≫に同調し始めると、生殖腺がモーターのような働きをして、体の中にパワーを起こします。
この霊的パワーは、ライディック細胞群(生殖組織に存在する)という中枢を通って入ってきます。」
ライディック細胞は精巣の精細管の付近に認められる細胞です。

 生殖腺は、霊的パワーの中枢だとすると、気の中枢である丹田は、生殖腺であると考えられませんか?

 すなわち、男性の丹田は前立腺。女性の丹田は子宮ということになります。精巣または卵巣より入って来たエネルギーが
前立腺・子宮により全身に循環していると考えられます。


 以上は、あくまでも私の私見です。

お問い合わせ

当店では気功を駆使して患部のマイナスの気を体外へ取り出していきます。
ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL:052-222-0287